News

2020 / 07 / 06

【大会結果】ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020 士別大会

2020年7月4日(土)『ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020 士別大会』が北海道 士別市で開催されました。
【概要】
◆大会名 :ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020 士別大会
◆会場  :士別市陸上競技場
◆出場選手:倉田翔平、渡邉利典、一色恭志、下田裕太、近藤秀一、林奎介、
      キプキルイ・ビクター コリル、吉田祐也、イルング・デービッド グレ
◆出場種目:男子5000m

2020年度初の公式レースでしたが、出場した9選手が積極的な攻めの走りを見せたことでチームの士気が高まり、4選手が自己ベストを更新する順調なスタートとなりました。
無観客での開催となる中、ライブ配信を通じて多くの皆さまから選手への応援コメントを頂きました。リモートでのご声援誠にありがとうございました。

【速報結果】
男子5000m ※記録順
・ビクター   13分33秒38 ※自己ベスト
・グレ     13分36秒06
・倉田翔平 13分43秒30 ※自己ベスト
・一色恭志 13分50秒59
・近藤秀一 13分52秒39 ※自己ベスト
・渡邉利典 13分52秒83 ※自己ベスト
・下田裕太 14分02秒33
・吉田祐也 14分04秒66
・林奎介  14分05秒70

【吉田選手コメント】
『後半は単独走となりましたが、自己ベストに肉薄する良いレースが出来ました。今日のレースを糧に、次の10000mでも積極的なレースで自己ベストを狙います!応援ありがとうございました!』
【近藤選手コメント】
『前の組で吉田が良いレースをしたので、刺激を受けて積極的に走った結果自己ベストを更新できて良かったです。次は、久しぶりに出場する10000mのレースですが、しっかりと自己ベストを出してチームに良い勢いをつけたいと思います!』
【渡邉選手コメント】
『自己ベストを更新する事ができて安心しました。長い間お待たせして申し訳御座いません!これからも応援宜しくお願いします!』
【倉田選手コメント】
『13分40秒を切ることを目標に練習を積んできましたが、後半2000mがうまく纏められず達成できませんでした。もう一度調整をして、網走大会の1000mでは27分台を出せるように頑張ります!』