News

2019 / 04 / 28

ハンブルクマラソン2019(Haspa Marathon Hamburg)で一色選手がMGC出場権獲得!

4月28日(日)にドイツで開催された『ハンブルクマラソン2019(Haspa Marathon Hamburg)』に一色 恭志選手と下田 裕太選手が出場しました。

気温約8℃、弱い雨が降るなか、現地時間9時30分にレースがスタート。周囲に流されず、自らのペースを守り切った一色選手が、「2時間11分23秒」で11位となり、今年9月に実施されるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の出場権を獲得しました!
また、35kmまでペースを刻み、最後まで粘りの走りをみせた下田選手は「2時間13分42秒」で19位でフィニッシュ。海外レースでの貴重な経験をして、今後の活躍に弾みをつけました。

今大会に出場した一色選手と下田選手は、3月の東京マラソンから短期間でのマラソン再チャレンジとなりました。非常にタイトなスケジュールの中、このような結果を残せたのはサポートいただいた皆様のおかげです。たくさんのご声援ありがとうございました。


一色恭志  2時間11分23秒  11位 ※MGC出場権獲得!
下田裕太  2時間13分42秒  19位

【一色選手コメント】
『皆様のご声援ありがとうございました。改めて振り返ると東京マラソンでの失敗は無駄ではなかったと思います。皆様にはご心配をお掛けしました。MGC本番に向けて戦える準備を整えていきますので、引き続きご声援宜しくお願い致します!』

【下田選手コメント】
『東京マラソンで思うように走れず、その分を出し切るつもりで今大会に臨みました。自分の実力を見つめ直して、次の目標を設定して、またマラソンにチャレンジします。応援宜しくお願い致します!』

尚、今大会の結果により、9/15(日)に開催されるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に、GMOアスリーツからは山岸 宏貴・橋本 崚・一色 恭志の3選手が出場権を獲得しました。MGCに向けて皆様のご声援宜しくお願い致します!